So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

<大治町長選>「みんなの党」推薦の新人当選 単独では初(毎日新聞)

 30日投開票された愛知県大治町長選で、みんなの党が推薦した新人の元中日選手、岩本好広氏(50)=無所属=が、現職と新人に勝利、初当選を果たした。同党単独推薦の候補が市町村長選で当選したのは全国で初めて。同党にとって、今夏の参院選に向けた好材料となりそうだ。

 多数の町議から支持を受けていた現職の小林隆氏(75)を83票差で抑えた岩本氏は、「大治に改革の日がやってきた。みんなの党に推薦をいただき、政策重視が(有権者の)理解を得られた」とガッツポーズした。

 みんなの党愛知県支部の篠田陽介事務局長は「特定の支持団体を持たず、政策で勝負する時代の始まりだ。2大政党の迷走ぶりを見ると、勝ったのは当然。参院選にはずみがつく」と話した。

 自民党県連の長坂康正幹事長は「仮にみんなの党の勢いが(今回の町長選に)影響したとしたら、今後の選挙にも影響する恐れがある」と危惧(きぐ)。民主党県連の杉岡和明幹事長は「選挙結果が直接、参院選での民主党の選挙戦略に影響するとは考えていない」としている。

 同町長選は、自治体合併の相手先が争点となった。落選した2候補が、あま市との合併を主張したのに対し、岩本氏は通勤、通学先としてつながりが強い名古屋市を主張、支持を集めた。【岡村恵子、加藤潔】

【関連ニュース】
選挙:三郷町長選 あす投開票 3人が激しい選挙戦 /奈良
選挙:鏡石町長選 あす投票 /福島
選挙:大治町長選 あす投票 /愛知
選挙:田布施町長選 木村氏が出馬意向 /山口
選挙:三郷町長選 3新人が立候補−−告示 /奈良

「生涯現役の秘訣」指南、6月から介護予防講座―東北福祉大(医療介護CBニュース)
【中医協】回復期リハ入院料1の届け出、1年で4倍超に(医療介護CBニュース)
「自分が勝つルール」マージャン強要、50万恐喝(読売新聞)
生態系保全目標、大半先送り…条約会議準備会合(読売新聞)
社民連立離脱「信念で乗り切るしかない」 鳩山首相(産経新聞)

<裁判員制度>施行1年 千葉法相「理念が定着しつつある」(毎日新聞)

 千葉景子法相は21日の閣議後会見で、施行から1年が経過した裁判員制度について「裁判員選任手続きの出席率は8割を超え、経験したほとんどの方が肯定的な回答をしている。これまでのところ順調に実施され、理念が定着しつつある」と述べた。依然として国民の間に抵抗感が残るとの指摘には「裁判員の経験がほかの国民にも伝わり、共有することも大事」と話し、経験者が体験を語る重要性を強調した。【石川淳一】

【関連ニュース】
裁判員制度:会見へ協力求める 新聞協会が文書公表
裁判員制度:「法廷技術向上、弁護士に必要」日弁連会長
裁判員制度:530人に判決、無期懲役は8人…開始1年
娘3人死傷:点滴の母に懲役10年 善悪判断の低下認定
裁判員裁判:点滴に水入れた母に懲役10年 京都地裁判決

<ローラー子供靴>転倒事故が急増…生活センター注意喚起(毎日新聞)
蓮舫氏“必殺仕分け人”が復活!…第2弾再開でキツイ口調に(スポーツ報知)
「競輪」にも仕分けのメス…還付事業など「廃止」と判定(スポーツ報知)
<いたずら>トランクに閉じ込められた!? 警官80人、パトカー数十台出動(毎日新聞)
会社に行くのが嫌になった……どうすればいいでしょうか?(Business Media 誠)

富士通を指名停止処分=リースパソコン障害で―国交省(時事通信)

 国土交通省は13日、昨年末にリース契約を更新した本省職員用のパソコンが、起動するまでに最長約30分もかかり、業務に支障が出たとして、富士通を同日から1カ月間の指名停止処分にした。同社の社員が行った初期設定ミスが原因とみられる。
 同省によると、本省で使用する約5300台のノート型パソコンのリース契約とシステム設計契約などを同社と締結。契約額は4年間で総額約16億9800万円に上った。
 しかし、パソコンの起動に長時間がかかり、業務に大幅な支障が出たという。同社の調査によると、誤ってパソコン起動時に不必要なデータまでを読み込む設定になっていたという。このため、同省職員は業務終了時にパソコンの電源を切らず、翌朝までつけっ放しにする対応を余儀なくされた。
 このほか、プリンターの設定ミスで印刷できない事態も発生。同社に対し、省内からは「事前の検証作業が不十分」と批判の声が上がっている。 

<小沢氏>特捜再聴取 元秘書らの供述確認中心に50問(毎日新聞)
<普天間>協議継続で一致 日米外務・防衛の審議官級協議(毎日新聞)
<コンテナ戦略港湾>伊勢湾「安さ」PR 名古屋、四日市港(毎日新聞)
<不同意堕胎容疑>栄養剤と欺き薬品点滴 交際の医師逮捕へ(毎日新聞)
<薬事法違反容疑>未承認薬販売 社長ら逮捕 愛知県警(毎日新聞)

羽田空港に「世田谷みやげ」(産経新聞)

 世田谷区ゆかりのお土産として区に指定された「世田谷みやげ」を集めた物産コーナーが、大田区の羽田空港第2ターミナル3階フードプラザに、5月31日までの期間限定でお目見えした。

 コンディトライ・ニシキヤの「祖師谷生ロール」、菓心たちばなの「世田谷ももこ」、三恵の「三軒茶屋Tシャツ」など、世田谷区自慢の菓子など20品以上が並んだ。羽田空港を管理・運営する日本空港ビルデングによると、自治体の物産コーナーを置くのは初の試みだという。

あのSFやファンタジー小説はこんな環境で書かれた…著名作家たちの書斎いろいろ
トレーラーのタイヤ脱落し炎上 阪神高速守口線(産経新聞)
こち亀 両さんの銅像壊される 東京・葛飾(毎日新聞)
「首相は外交下手」=徳之島反対集会で社民・阿部氏−普天間(時事通信)
<火山噴火>噴煙拡大、鮮明に 日本の衛星が観測(毎日新聞)

渋谷に新名所、24年春開業 高さ182メートル「ヒカリエ」(産経新聞)

 東急電鉄などで組織する「渋谷新文化街区プロジェクト推進協議会」は、渋谷駅東口の東急文化会館跡地などに建設している高さ約182メートルの超高層複合ビルの名称を「渋谷ヒカリエ」と決めた。中核施設となるミュージカル劇場は「東急シアターオーブ」と命名した。

 渋谷ヒカリエは最先端のライフスタイルを提案してきた東急文化会館の伝統を引き継ぎ、渋谷から未来を照らし、世の中を変える「光」になる意志を込めた。東急シアターオーブのオーブは天体を意味し、中空に浮かぶ劇場を表現したという。

 ビルは地上34階、地下4階。ビルの顔となる商業施設は地下3階から地上7階に東急百貨店が出店し、11〜16階の地上70メートルの中層部には約2千席を持つ東急シアターオーブ、17階より上の高層部はオフィスとなる。地下3階で東急東横線・東京メトロ副都心線渋谷駅とは直結する。平成24年春に開業する予定。

【関連記事】
渋谷に「大人の音楽劇場」
モスの新業態レストラン 渋谷にオープン 旬の野菜にこだわる
渋谷の永遠のシンボルに 忠犬ハチ公慰霊祭
「弁護士バー」オープン 店名は「リーガルバー六法」
渋谷の新しい顔は「ヒカリエ」

首相「約束を守るべく努力」 普天間問題で小川氏と意見交換し(産経新聞)
決起せよ、団塊政治家(産経新聞)
坊っちゃんは新潟出身? 帝大時代の漱石教え子説(産経新聞)
「一国の首相に失礼だ」藤崎駐米大使が米紙のコラムに不快感(産経新聞)
<特養老人ホーム>個室面積の最低基準緩和 施設建設推進で(毎日新聞)

<プラダジャパン>元部長が解雇無効の確認など求める(毎日新聞)

 イタリアの高級ブランド「プラダ」の日本法人「プラダジャパン」(東京都港区)の元女性部長(36)が「容姿や服装に関する上司の発言などを、本社に報告したところ不当に解雇された」として、日本法人に慰謝料と解雇無効の確認を求める訴えを東京地裁に起こしたことが分かった。女性側が16日、明らかにした。

 女性側の弁護士によると、女性は09年9月、上司から「やせろ」などと言われたことを、ミラノの本社に報告した。日本法人は翌月以降、解雇を通告したり自宅待機を命じるなどしたという。【和田武士】

【関連ニュース】
ホームオブハート:慰謝料上乗せ 原告側と和解
名誉棄損:報道発表被害 原告の訴え一部認める…松山地裁
S・セガールさん:女性からセクハラで提訴 作り話と反論
沖縄返還文書訴訟:日米密約認め、国に開示命令 東京地裁
大阪地裁:小林死刑囚に尋問…拘置所内、名誉棄損訴訟で

女性の上電車通過 すきまに体…無事(産経新聞)
入省したての農水省職員逮捕 女子大生触った現行犯 警視庁(産経新聞)
山崎さん、松田聖子の歌で起床 夫の大地さんが選曲(産経新聞)
鹿島槍、55歳女性が下山中に滑落死(読売新聞)
<事業仕分け>因縁の対決 ノーベル化学賞・野依氏と(毎日新聞)

母親、虐待隠しか 大阪1歳女児死亡 担当者遠ざける(産経新聞)

 大阪府寝屋川市の岸本瑠奈ちゃん(1)虐待死事件で、傷害致死容疑で逮捕された母親の美杏(みき)容疑者(27)が昨年10月、市担当者の家庭訪問の際、顔にあざのあった三女の瑠奈ちゃんには会わせたくないそぶりをみせていたことが10日、関係者への取材で分かった。担当者と事前に訪問日時を調整した際には「四女の件だけですね」と念押ししたことも判明。寝屋川署捜査本部は、虐待を隠そうとした疑いがあるとみている。

 関係者によると、市の子育て支援担当者は昨年10月、岸本容疑者宅を訪問。美杏容疑者は玄関先で応対したが、奥の部屋で泣き出した瑠奈ちゃんを抱いてきた際、担当者はほおのあざに気づいた。美杏容疑者は「漏らしているわ」と、すぐに瑠奈ちゃんを奥に連れて行った。あざについて、「姉がものを投げる」などと説明したという。

 美杏容疑者は「子育てのストレスはない」と話したが、いら立った様子だったという。父親の憲(あきら)容疑者(26)は姿を見せなかった。

 また、美杏容疑者は昨年8月、子供と接触しようとする市に対し、「虐待を疑ってるんか」と電話で抗議してきたという。

上田容疑者、8回目の逮捕=連続不審死、詐欺容疑―鳥取県警(時事通信)
クレヨンしんちゃん 小児がんと闘う子供と家族ら、試写に(毎日新聞)
平沼新党 舛添氏「関係ない」 中山恭子氏に参加打診(産経新聞)
子ども手当、半額は「現物支給」=民主若手が提言(時事通信)
皇后さま 小野竹喬展を鑑賞(毎日新聞)

賢治の青春たどるHP、母校の岩手大生ら公開(読売新聞)

 宮沢賢治の学生時代をインターネット上で紹介するホームページ(HP)「宮沢賢治ノ青春キャンパス」を母校の岩手大(盛岡市)の学生らが作成し、公開を始めた。

 賢治は同大農学部の前身、盛岡高等農林学校の卒業生で、1915年(大正4年)から5年間を過ごした。キャンパス内には賢治が学んでいた頃の本館や図書館などが残る。

 HPでは、賢治が友人3人と文芸同人誌を創刊した経緯から4人の学生生活、メンバー1人の突如の退学、それぞれのその後の人生などを当時の写真や原稿とともに紹介。時系列のエピソードに沿って、アルバムのページをめくる様に賢治の青春時代をたどることができる。

 また、「キャンパスツアー」と題し、学内の地図に賢治ゆかりの建物など12か所を表示。それぞれを様々な角度から立体的に見られるようにした。

阿久根市長への告発状受理=給与不払い問題−鹿児島地検(時事通信)
<自民>子ども手当「不要」 逆・事業仕分け始める (毎日新聞)
<福岡発砲>西部ガス支社に脅迫文など届く(毎日新聞)
菅氏日本人死刑に懸念 中国首相と会談「基準厳しい」(産経新聞)
<平野官房長官>「安定多数を」発言紹介を修正(毎日新聞)
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。